巨人軍OB定岡正二さん、川相昌弘さん出演 大人気の「レジェンズシート」を待望のオンライン開催!!購入者には、ユニホームの全員プレゼントも!!

Services
2020.10.26

音楽アーティストのファンサイト運営を手掛ける株式会社Fanplus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤元)と電子チケット事業やチケット二次販売「チケプラトレード」を運営し、ジャイアンツ公式アプリ「GIANTS APP」の開発から運用までを手掛ける株式会社Tixplus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田 宗多朗)は、読売新聞社、並びに読売巨人軍と共同で、今シーズン実施している「バーチャルビューチケット」をさらに発展させ、巨人軍OBの生解説とともに試合配信を楽しめる「オンラインレジェンズシート」を実施します。東京ドームで実施している「レジェンズシート」の魅力を、マルチアングル配信で再現いたします。

バックネット裏カメラと、レジェンズの実況カメラの、マルチアングルで試合を配信し、タップしたカメラ映像に切り替えながら、名レジェンズによる解説を楽しむことができます。野球解説だけでなく、ここでしか聞けない“裏”話が満載!コメント機能により、レジェンズへの質問受付も可能です。


東京ドーム巨人戦
オンラインレジェンズシート


「読売ジャイアンツ」シーズン終盤の11月1日(日)の東京ドーム ヤクルト戦を対象にチケットを5,000円(税込)で販売いたします。また、チケット購入者には、「橙魂ユニホーム」もしくは「ガールズユニホーム」を全員プレゼントでいたします。
出演者するレジェンズはOBは、定岡正二さん、川相昌弘さんで、進行役としてアナウンサーの新保友映さんの3名が出演いたします。




▲橙魂ユニホーム


▲ガールズユニホーム(今シーズン初お披露目)

チケット購入者の中から、抽選で、当日出演するレジェンズ定岡さん、川相さんお二方の「サイン入りユニホーム」が5名様にあたります。
また、Wチャンスで、「レプリカユニホームを5名様」、「クリアファイルを30名様」へ送付させていただきます。



▲観戦画面イメージ(全画面での観戦も可能です)



▲ユニホームやギフトアイテムのイメージ(一部有料販売)

対象試合
2020/11/01(日)14:00〜
対戦相手:東京ヤクルトスワローズ

※WEBブラウザ、アプリ、それぞれで視聴できます
※マルチアングル、ユニホーム着用や応援アクションは視聴専用アプリ「FanStream」をダウンロードすることで可能となります
※アプリダウンロードには、iOS端末・Android端末のいずれかの端末が必要となります

詳細・受付URL
https://tixplus.jp/feature/giants_2020legend/



■視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」と視聴アプリ「FanStream」について
音楽ライブやイベントが中止・延期となっている現状、我々も動画配信を通じてアーティストやファンを微力ながらサポートすることはできないかと考えました。
価値あるパフォーマンスはアーティストに還元できるよう、無観客ライブや自宅ライブ等を視聴 PASS 販売プラットフォーム「StreamPass」で販売することが可能です。

そして、視聴専用アプリ「FanStream」では、生配信を観ながらコメントや投げ銭でアーティストの応援ができる機能を搭載し、アーティストとファンがよりインタラクティブにつながれるようになります。 配信収益は、大手動画配信サイトで投げ銭や有料配信するよりも、高い利率でアーティスト・主催者へ還元しますので、本来のライブ同様に、ファンの方の応援がアーティストへの支援となります。



■視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」で実現できること
・生配信やオンライン配信の視聴PASSの有料販売
・ファンクラブ認証(ファンクラブ会員への割引視聴PASS販売)
・ドネーションという形での支援
・記念コンテンツサービス「メモコレ」にて、デジタルコンテンツ販売やオンラインくじの実施
・配信ページからのグッズ販売
・通常の配信プラットフォームより、高い還元率

StreamPassサービスサイト
https://tixplus.jp/feature/streampass/


■視聴専用アプリ「FanStream」で実現できること



コメントや投げ銭機能を搭載した生配信視聴専用アプリ。ファンとの密度をより濃く、よりインタラクティブに、ライブやイベント参加のバーチャル体験を提供します。

・アプリならではの操作性で快適な視聴を実現
・リアルタイムでのコメント投稿やアバターアクション、アイテム使用
・投げ銭アイテムやアバターをカスタマイズするパーツの従量販売
※投げ銭機能については、主催者が導入可否を選択することができます

FanStreamサービスサイト
https://fanstream.jp/



※記載されている会社名及びサービス名/ロゴは、各社の商標または登録商標です。

戻る